診療案内

一般歯科

一般歯科 診療案内

一般歯科とは、虫歯治療・歯周病治療・義歯の作成などで、患者さまが通院し治療いただく診療のことです。 保険が適応される治療が多いですが、同じ治療でも、使用する材料等が違うと保険診療ではない場合もありますので、詳しくは医院までお問い合わせください。

虫歯治療

保険診療にて虫歯を治療いたします。ご希望に応じてインレー(保険適用外)等使用いたします。
お気軽にご相談下さい。

虫歯はなぜできるの?

(1) 歯みがきが出来ていない・ブラッシング方法の間違いなどで歯垢がついたままになっている。
(2) 糖質、甘いもの(特に砂糖)を原料として細菌が歯垢を作ります。
(3) 歯質が弱い。人によって体が強い弱いがあるように歯にもあります。

虫歯はなぜできるの?

一番の予防は生活習慣からの予防です。
虫歯は細菌によって引き起こされる病気ですから、
規則正しい食生活と口を清潔に保つためのブラッシングで、
ある程度の予防は可能です。

大山歯科医院では、正しいブラッシング方法などを指導や、フッ素塗布や機械的なプラ-クの除去など、メインテナンスによるリスクの軽減を行い、虫歯のない永久歯列の維持を行います。

歯周病治療

大人の大半が加齢現象のひとつとして、ある程度歯周病にかかりますが、予防する方法はいくつかあります。

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病プラークという歯の表面に付着する無色の膜(バイオフィルム)によって引き起こされます。プラークは細菌の巣になった時に(普通24時間くらいかかります)最も害をもたらします。毎日取り除かれなければ、プラークは口の中で食べ物の中の糖分やでんぷん質と混ざって、酸などの副産物を作り出します。

このプラークによって作られた副産物が歯茎を刺激し、赤く腫れさせ、痛みを起こす原因となるのです。また歯ぐきは出血しやすくなります。このプラークは取り除かれなければ次第に固くなり、歯のまわりに歯石を形成します。やがてプラークからの刺激物によって、歯ぐきを歯に付着させている組織が破壊されはじめます。歯ぐきは少しずつ歯からはがれ、歯と歯ぐきの間には歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。プラークがこの歯周ポケットにたまり、次第に歯を支えている骨が破壊されてしまします。

歯周病は、痛みもなくゆっくり進行するので、ほとんどの人は歯周病にかかっていることに気がつきません。早期に発見して治療を行えば、歯を失わずにすみます。

歯周病の原因となる他の理由

プラークの他に歯周病の原因となるいくつかの要因には以下のようなものが含まれます。

(1) 物理的または化学的な刺激
歯の間にはさまった食べ物、たばこ、過剰な飲酒、デンタルフロスや楊子の間違った使用法など。

(2) 歯や歯ぐきに異常な負担をかけるような口腔内の状況あるいは癖
歯並びが悪い、ブリッジや義歯が合わない、詰めた物が合わない、また歯ぎしりやかみしめ、氷をかみ砕く等の癖がある。

(3) 偏った栄養
栄養状態と感染を防ぐ生体の防御機構の間に密接な関係がある事はすでに証明済みです。歯周病はビタミンCの欠乏と関係があるとされています。

(4) 妊 娠
ホルモンの分泌量の増加は一般に“妊娠性歯肉炎”と呼ばれる症状を起こすことがあります。

(5) 病 気
糖尿病、尿毒症、肝硬炎、貧血、または白血病などは歯ぐきの健康に影響します。

(6) 内服薬
経口避妊薬、抗てんかん薬、ステロイド、あるいは抗ガン剤なども歯ぐきに影響を与えます。

どのような症状がみられるのでしょうか?

どのような症状
歯を磨くと歯ぐきから血が出る
歯ぐきが赤い、腫れている、痛い、等の症状がある
歯ぐきが下がって、歯の根が見えるようになった
指で歯ぐきを押すと歯ぐきと歯の間から膿みが出る。
歯がぐらついてきたり、位置が変わって前歯が“広がってきた”
かみ合わせが変わってきた
入れ歯があわなくなってきた
口臭があったり、慢性的に不快な味がする

現在の歯科医療技術の進歩により、抜歯した歯もかなり残せるようになってきました。

診 断

歯周病の診断を確定するには、お口の中を詳細に検査し、口腔内のレントゲン写真を撮影する必要があります。

大人には少なくとも年2回の入念なスケーリング(専門家による歯の清掃)をお勧めしますが、そのとき特別な器具を使って、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間の溝の深さを測ります。歯周ポケットの深さ、お口の中の状態、そしてレントゲン写真によって歯周病の正確な進行程度を判断するのです。

歯周病の原因となる他の理由

歯周病に必要な治療は、症状がどの程度進行しているかによって決まります。
一人一人に合わせた治療法には次のようなものがあります。

● スケーリングとルートブレーニングスケーリング
歯についた歯石やプラークを取り除くこと、またルートブレーニングは歯ぐきが再び付着できるように歯の根の表面をなめらかにすることです。

● 掻爬(そうは)
歯周ポケットの中の組織を一層取り除きます。こうすることによって歯ぐきの健康状態を回復させます。

● 歯肉切除術
症状が骨にまで及んでいない場合、歯周ポケットを手術で取り除くことがあります。

● 歯肉剥離掻爬手術
歯石、プラーク、あるいは病気に冒された組織を根から取り除くため、一時歯ぐきを剥がし、またもとに戻します。時によっては、歯肉剥離掻爬手術と同時に歯のまわりの骨の形を整えたり、一部取り除いたりといった骨の手術を行うことがあります。

現在の歯科医療技術の進歩により、抜歯した歯もかなり残せるようになってきました。

終わりに…

今日の医療技術の進歩によりほとんどの歯を残すことができるようになってきましたが、歯ぐきの健康は患者さま次第です。歯周病の予防と対策には次のことに注意しましょう。

・毎日しっかりデンタルフロスと歯ブラシで歯をきれいに清掃する
・バランスの取れた栄養のある食事をし、糖分の多い間食はさける。
・歯周病のサインに注意する
・年に最低2回は歯科医でクリーニングと口腔検査を受ける。

診療時間

※休診日は木曜日・日曜日・祝日です。

お電話でのお問い合わせ 03-5927-0877

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

最新情報

患者さまの声

46歳 男性
とても満足しています
インプラント治療の存在は以前から知っていましたが、費用が高そうなイメージと手術という恐怖心からなかなか踏み切れませんでした。
そんな時大山先生にわかりやすい説明をしていただき、やっと決心がつきました。
先生方には本当に感謝しています。現在、不自由なく噛むことができ、とても満足しています。
26歳 女性
前より自然に白くなってよかったです
神経の治療やホワイトニングなど、私にとって未知の体験だったので、相談にも答えてもらい感謝してます。
ホワイトニングをしてもらって、前より自然に白くなってよかったです。また目が慣れてきて気になりだしたり余裕があったら、セラミック治療などを考えたいと思います。
先生が歯の色についても相談できる歯医者さんで、良かったなと思っています。
70歳 男性
ほんとうに昔の自分に戻ったようでうれしく思います
これまで入れ歯で過ごしていましたが、なかなか噛めなかったりして、おいしく食事をすることができませんでした。歯を気にすることなく思いっきり噛めるようになりたいと思い、相談しました。先生が詳しく説明してくれてこれからの人生を楽しむ為にも思い切って手術することにしました。結果は大正解でした。ほんとうに昔の自分に戻ったようでうれしく思います。これからも検診に通ってこの快適さを維持したいと思います。

患者様のご意見

詳細はこちら
歯が痛い・血が出る・腫れる
虫歯治療や歯周病治療、当院で患者様に合った歯ブラシ指導をします。
詳細はこちら
親知らず・アゴが痛い
親知らずの痛みや、アゴがカクカクと音がするなどの症状がある方。
詳細はこちら
お子様の歯が気になる
幼児期の歯は早期発見が大切であるとともに、予防が重要になります。
詳細はこちら 料金はこちら
お口を健康に保つ
悪くなった歯を治療するだけでなく、事前に予防することが大切。
詳細はこちら 料金はこちら
ライフスタイルにあわせる
お悩みを解決し、本来の健康的な美しさや魅力を引き出します。
詳細はこちら 料金はこちら
歯を白くしたい
ご説明とカウンセリングを行い、患者さまにあったプランをご提案します。
詳細はこちら 料金はこちら
最先端のレーザー治療導入
痛みや不快感も少ないレーザー治療は、安全で副作用もありません。
詳細はこちら 料金はこちら
歯を失った
失った歯を同じように機能させる事が可能な画期的な治療法です。